[展覧会]暮らしと美術と髙島屋にみる「京都ブランド」

IMG_1687

髙島屋京都店で「暮らしと美術と髙島屋」展を見てきた。(3月11日まで開催中)

私が常々お世話になっている「ワコール」。設立まもないころ、百貨店進出の足がかりとして京都髙島屋に出店を成功させた話を、本展の紹介と共にワコールでお話をうかがっていた。実際に展示にもワコールが協力している部分があり、この話は初期のブラの展示とともに「四条河原の合戦」として紹介されている。

髙島屋は創業181周年。京都から生まれた「ブランド」だ。そして高島とは、滋賀県の高島町にちなむ名前。滋賀県が誇る大きなブランドとも言えるだろう。

本展は「百貨店とは近代日本の中でどういう役割を果たしてきたか」ということを、自ら突きつける内容ともいってもよい。

このプロデュース力、提案力を持って、時代の先端を、発想もお金も持って突っ走ってきたことがよくわかる。

それがいまでは、保守富裕層にだけ向けたような店になってしまっているところもあるが。とはいえ、実は店には見えないところで、外商部がむちゃくちゃ攻めていたり、髙島屋呉服部はいまだに挑戦は続けていると思う。

とにかく京都からこんなブランドが生まれ、日本全国でのブランドに。そして遅れはしたが世界へ展開し今日まで続いていることをひとつ誇りにしたい。

展示は京都店は3/11まで。髙島屋がプロデュースしてきた美術は、さすがのクオリティ。しょぼいものが紛れ込んでいない、というだけでも「見る目」がさすがだといいたい。

どうも巡回していたようなので、また他所への巡回もあるのかも。時間がない中で駆け足になってしまったので、またゆっくりとみたいところだ。

http://www.takashimaya.co.jp/kyoto/event/#os1732

[動画]宇宙からのフリーダイブが速すぎる REDBULL/GoPro

この動画も見て、本当に感動したもののひとつ。
REDBULLが、成層圏からのフリーフォール(スカイダイビング)を記録した動画。
GoProによる一人称動画の美しさに本当に目を見張る。
宇宙が身近で人間が行くことができる場所になり、そこから、落ちて帰ってこられるという
とんでもないことを、やってしまっていて、それがこんな鮮明な映像で記録できる世の中になったというのだから、もうわけわかんない。

http://japan.digitaldj-network.com/articles/26370.html

1960年、米国空軍のジョゼフ・キッティンジャー(Joseph Kittinger) が到達した高度31,330 mから52年の時を経た2012年10月14日、3つの偉大な世界記録

・有人気球による最高高度到達記録
・スカイダイビングの最高高度記録 3万9044メートル
・自由落下(フリーフォール)による最高落下速度記録 1342km/h

を一度に更新し、地上の人類を唖然とさせたたフリーフォールの第一人者 フェリックス・バウムガルトナー (Felix Baumgartner)

既にマルチアングル映像は公開されていますが、今回GoProが公開した最新映像には、ほぼ宇宙に見える異常な風景から落下前のバウムガルトナーの緊張感、大気層到達時に尋常ならざるスピン見まわれ意識を失いかける彼の姿、そして感動的なランディングまでのすべてが収録されています

[動画]浮遊感がすごすぎる Shinkansen ver.2

テレビを見なくなった生活が2年以上続いているが、
その代わりにウェブで映像を見る時間は増えた。
そんな中、気になった映像をちゃんと自分の中でとどめておきたいと、
新しいカテゴリを作った。

新幹線の車窓からの映像を反転してひっつけた映像。
ただそれだけなのだが、水面のようで、次元を超えたようで、とても美しい。
素直にまねしたものを自分でも撮りたいと思ったが、まねしても同じもの以上はできないので、
やめた記憶がよみがえる(笑)

カメラブレを止めるための処理なども加えておられるはずだし、
テンポの良い繋ぎ方も魅力。

センスと技術がこういう素敵な作品をつくる。単純に好きな1本。

2010年の作品。 daihei shibata。

Shinkansen ver.2 from daihei shibata on Vimeo.