スクリーンショット 2014-11-09 0.13.20

「DHC F1」っていう検索ワードは無いやろ!と思った話

TVCFの最後に「検索窓」が表示される演出は、使い古されながらも、いまも活用されている手法であるが。

DHCの、20代女性向け化粧品のテレビCMを見ていて最後に現れた検索窓に
「DHC F1」と表示されていたのには、驚いた。
F1っていうのは、20歳から34歳までの女性を示す「あくまでマーケティング用語」だからだ。

TV-CM「DHC for 20代女子(ウォータージェル [F1])」篇http://top.dhc.co.jp/tv/skin/cm/740072047002.html

検索してみると、表記の仕方から見て、
DHC [F1] という商品シリーズかサブブランド、という位置づけのよう。

F1という言葉が一般化してきた背景はあるとはいえ、マーケティング用語のカテゴリって、あくまで外からみてカテゴライズするものじゃないか? 20代から34歳までの一般女性が「私、F1だし」と言うのか?さすがに言わんだろう。

マーケティングカテゴリを、検索ワードはおろか、商品シリーズ名まで入れる感覚は、本当に理解できない。でも、まぁDHCさんにとって、商品紹介としては、DHC F1ということばを、さして押してないみたいだし、いいんだと思うんだけど。

と思考を一巡させた結果、検索ワードとしては、確かに「DHC 20代」とさせるわけにもいかんし、苦肉の策ってことは理解してきた。

あと、じゃあ20代向けの別ブランドをつくるとすれば、DHCのメインブランドを活用できなくなるし、DHCなんとか、っていう固有名詞としてやったとしても、一から固有名詞を浸透させる投資をしないといけなくなるし。

ってことで、ブランド名か商品シリーズ名としても、DHC F1になっている、ってことで。

消去法的な判断としては理解できるけど、やっぱり無いよなぁ、と思える感覚だけは大事にしておきたい。(でも自分が同じ立場なら承認するかも、しれない、、、か、いやしないか、、、)

DHC F1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です