木組みで動く家具


Wave from Sebastian Errazuriz Studio on Vimeo.

Explosion Cabinet from Sebastian Errazuriz Studio on Vimeo.

ギズモードで「職人の技なめんな。昔ながらの技術だけでぐねぐね形を変える家具」として紹介されていました。

おそらく「木組み」と言われる、金物を使わずに、木同士を組み合わせて繋ぐ技術で作られていると思います。

アーキテクトタイタンで家具シリーズ「BUDS」を2012年より発表していますが、こちらも木組みの構造を家具に活かしたものです。

photo_buds-river_01sBUDS -river- Low table. Milano Salone Satellite 2015
Architect Taitan

木組みには、滋賀県で伝統構法で民家を建てる「梓工務店」に大学時代に出会いまして、伊東社長からいろんなことを教えて頂きました。非常に感銘を受け、大きな影響を受けました。

そのときの思いを、いま現在、自分達の表現に活かしています。

木組みは、おもしろみもあり、合理性もあり、美しさもある。日本が誇る技術だと思います。私たちのものは、かなりシンプルにそぎ落とした木組みですが、これを見て、建築に使われる木組みにも興味を持ってもらえるのも嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です