カテゴリー別アーカイブ: 婚活

婚活イベントの男不足2

以前書いた「婚活イベントの男不足。」という記事が、なぜか毎日、アクセス数がすごく多くて、読んで頂いているようだ。多くの方に、思うところがあるから、と思う。

そんな中、ひとつの側面を切り取っているまさにドンぴしゃな記事があったので、ご紹介しておきたい。

なぜ婚活パーティから男性が消えたのか — 土屋 義規(アゴラ)

    <引用>
    私がもし婚活パーティーに誘われたとしても、金目当ての女性に値踏みされにわざわざ足を運ぼうなんて思わない。どれだけマゾヒストなのか。婚活パーティーの参加条件が「年収」や「学歴」になっているが、婚活パーティーを主催する各社は、パーティーのあり方を変えるべき状況に来ている。営業が足りないのではなく、男心をまったく分かっていないのだ。
    <引用ここまで>

「需要と供給」という側面から記述されていて、男っぽい記事だなぁとは思うが、実際には、女性が結婚したいという需要のほうが、男性のそれを上回っているという現状があるということは、私の実感からしても正しそうだ。この記事のように、昔は男性を集めることが簡単だったのだ。

それでも、基本は「恋人がほしい」のは、男性の需要のほうが上回っていると思う。特に若い男はね、性欲っていうものがね、本当に強いから。でも、男性が「結婚はしたくない」という。そこには、男が稼げなくなったことに合わせてくる自信のなさはひとつの要因としてあるだろう。にもかかわらず、この記事のように、女性が男性に「金」を求めている、ということに、嫌気が差している、ということもあるだろうし。実際に男がそれに応えられない現状があるし、応えてやろうという気概もない場合はけっこうある。実際、男にとって「稼げない」ってことは、すごく情けない気持ちになることは、よくわかっているし、だからといって女のために、その自分を奮い立たせようとも思わない人も多いだろう。

しかし、これだけでは解決する話でもない。

私のまわりで、私が結婚してないのが不思議だなぁーと感じる女性たちはたいてい「稼げている人」だからだ。女性管理職でどうのこうのという例えば1000万プレーヤーの女性かといわれれば全員がそんなことでなくて。20代から40代で、同世代の男性と同じくらいは稼いでいる女性たち。彼女たちが、男性に自分たち以上に稼げる男じゃないとイヤだとは思ってないと思うのだ。2人合わせれば、十分な稼ぎになるのだから。

自分がもう(職場では)働きたくないし、家庭に入って子育てと家事をして暮らしていきたい、という女性にとっての婚活パーティが成立しなくなってきている話ってのは、この今回紹介した記事で十分に表現できていると思う。

しかし、私が見ている、美しくて仕事へのやる気もあって一人前に稼げている女性たちが結婚に踏み切らなかった理由は、いろんな側面があるだろう。また考えていきたいなと思う。

<関連記事>
婚活イベントの男不足。
一国一城の主 家庭を経営する

一国一城の主 家庭を経営する

新築を買うと「一国一城の主」といわれる。

私は新築ではなく、家庭を持つと「一国一城の主」になると思う。

なぜかというと
「家庭」を「経営」しないといけなくなるからだ。

社会で既婚者のほうが評価が高い。
女性から、既婚者のほうが、頼もしく見える、と言われる。

それは、曲がりなりも、ひとつの「家庭」を「経営」しているという実績が目に見えるからだ。

(しかし、実際の会社経営者がモテるわけでもないのが不思議だwww)

つまり、結婚をするには「経営者」になる覚悟がいる。
あーめんどくさい。
私は、会社経営者になることを、そもそもその気がある人にでないとお勧めしない。
だって、大変でしょう。どう考えても。

じゃあ、わざわざ結婚して経営者になんてならなくても、
恋愛っていう、自由にひっついたり、離れたりする、そういう関係のほうが楽。
同棲のほうが楽。

めっちゃ分かる。
自ら苦労を買ってでよう、という気概がなければ、結婚する気にはならないだろうな。って。

しかも、それが男に責任、っていうか、家庭の収益の大部分を任されるっていうんだから、
男が収入を気にして結婚しないのは当たり前だ。

収入が伴わず結婚するのは、ベンチャー企業を共に起こすようなものだ。
若いときなら、何も分からないし、やり直しも効くから、無茶できるし。
まぁそんときには何も見えてないから、それでいい。

けんかしながら、家庭をよちよち歩きから、成長させていければいいのだから。
大変だけど、それも楽しいって思えれば、やれると思うし。

でも、年取ってから、ベンチャー企業にはなかなか踏み出せないよね。
そうすると、そこそこの中小企業になった人はみんな既婚者かバツイチ。
そら、そうなる。

要は、みんな「投資」が苦手なんだ。
「投資先を見つける目」を持っている自信がないからだ。男女ともに。

これは何で磨かれるんだろうな。親の教育かな。社会の教育かな。

「結婚」は、全く先の見えない「投資」です。
ただ、「投資」っていうのは、金を払って終わりじゃない。
「ベンチャーキャピタリスト」のように、金も出すし、手塩にかけて育てていくもんだ。

そこを分かっていない人が多すぎると思う。
いや、違う。感じていても、そんなめんどくさいことに踏み出せないから、結婚しない。

若いバカなうちに結婚しなければ、年取ってから、なかなかそんな無茶なことに踏み出せない。

でも、あえていおう。短い人生だ。冒険しなきゃ意味がない。
経験をつんで、もう既に素敵な男女になったあなたがたへ。

少しバカになって、いま、イチから、新しい何かを育てていこう。

どうせ、人生なんて「育ゲー」なんだから。

婚活イベントの男不足。

さてさて。
まわりの知人に、どう考えても、かわいかったり素敵だったりする女性が恋人もおらず結婚もせず過ごしている。
いや、私に「恋人」がいることを隠してくれているだけならそれでいいのだが。どうもそうでもないらしい。
さて、困ったものだと思う。まぁ別に本人が困ってないなら、どっちでもいいんだけど。

別に彼女たちのことを直接ではなく、そこから少し思いついたことをつらつらと書いてみようと思う。

婚活イベント。に参加する人を紹介してほしい、とこないだも頼まれた。
すぐに、何人かの女性の顔が思い浮かんだのだが、女性の参加者はすでにキャンセル待ちだという。
男が足りないのだ。

その後、であった私の男性の友人に「どう?」と声をかけてみた。彼は非常に意欲的な取り組みをやっているのだが、まだスタート段階のため、収入の金額としては世間一般の同年代、っていうよくわからない根拠には届いておらず、そういうスペックを求められるところでは、肩身の狭い思いをするという。
(年商を言ってやればいいじゃないか、と今思いついたので、あとで伝えよう)

ある人に「男は愛してなんぼ。女は愛されてなんぼ」と言われたことがある。

この言葉には含蓄がある。いや、たしかに、それは幸せっぽそうだ、と思わせる。
これは、動物としての基本形態なのかもしれない。性差っていうかさ。
男は狩りにでて、女は家の仕事をするっていう、クロマニヨン人的な?
(でも、共に農耕する弥生人は、また違ったような気もするが、今日は忘れる)

そう考えると、彼が心配している「男は稼いでくる 女は家庭を守る」を求める男女が多いのは、動物としての本能が強い証拠なのかもしれない。

婚活イベントにこそ、「女が稼ぐから、男が家を守って」っていう人がいてもいいと思うんだが、まぁ世の中の婚活パーティがそういうムードではないから、たぶんそういう女性は婚活パーティにはいかない。

いや、話が長くなってきたな。

結論を先に言おう。

「稼ぐ気が最初からない男は、たぶんダメ男の可能性が高い」
「でも、この世の中、稼げるってすごく難しいことだし、むしろ向き不向きとしては、家庭を守るのに向いている男性が間違いなくいる」
「でも、いざとなれば、女性を守るんだという「気概」だけでは持っている必要がある」
「でも、その気概は、最初は「稼ぐ気」や「稼ぐ能力」を実際に説得力をもって、女性にプレゼンテーションしないと、女は、男の適当なコトバを信用しない」

ということ。

これをクリアしないと、世の中の「婚活」は解決しない。
今は、収入がないが、とても良い能力を持つ男性が、世の中に沈んだままだ。

とりあえず、収入がなくて、自信が持てなくて、婚活がうまく行かない人。
はったりでもいいから、自信を持てるように考えたい。
これは、散々わたしが悩んできたから、「自信がないものを、自信を持つなんて無理」なんて、わかってる。わかってるよ。でも、何かに一生懸命取り組んで「先が見える」ようになるしかないんだ。

この話、いろんなことから述べないといけないんだけど、この投稿はあえて、ひとつの目線からだけ。

<関連記事>
婚活イベントの男不足2
一国一城の主 家庭を経営する